節約

3分でわかる軽減税率とキャッシュレス決済(消費者還元制度)、消費税10%の増税に備えよう

2019年10月1日より消費税が10%に増税されます。

ついにやってきましたね、、、増税

増税と聞くとつい消費を押さえたくなりますが、今回の増税では政府が段階的な引き上げを狙い色々な対策をとっています。

その中でももっとも重要なのが軽減税率キャッシュレス決済(消費者還元制度)です。

軽減税率と消費者還元制度はテレビのニュースなどでもやっていますが正直よくわからないという人も多いと思います。

そこで今回は誰にでもわかるように

・軽減税率ってなに?
・キャッシュレス決済(消費者還元制度)ってなに?
・結局どうすればいいの?

といった疑問を解決したいと思います!

この記事でわかること

・軽減税率について
・キャッシュレス決済(消費者還元制度)について
・増税後の買い物をお得にする方法

1分でわかる軽減税率とは?

軽減税率とは、一部の対象品目を標準税率(10%)から軽減した税率を適応することです。

もっと簡単にいうと「 消費税増税後すぐに全ての物を10%にすると負担が大きいので生活に必要な物は8%のままにする 」ということです。

すごいありがたい制度ですが注意が必要です。

軽減税率が適応されるのは一部の生活に必要な物に限られています。

軽減税率になる対象品目

8%(軽減税率)10%(標準税率)
飲食料品
外食(テイクアウト・持ち帰り・宅配など)
新聞
お酒
外食(店内・フードコート・ルームサービスなど)
水道水
医療品・医療外部品など

軽減税率といってもほぼ食料品のみです、、、意外と範囲狭いんですね。

ちなみに気になる期間ですが

軽減税率の実施期間

2019年10月1日(火)〜 未定

開始は増税のタイミングですが、終了の時期は未定となっています。

すぐに終わることはないと思いますが、いつ終わってもいいように心の準備はしときましょう。

次はキャッシュレス決済(消費者還元制度)について紹介します。

1分でわかるキャシュレス決済(消費者還元制度)とは?

キャッシュレス消費者還元制度とは、対象店舗でキャッシュレス決済をすると5%または2%を還元するという制度です。

こちらもすごいありがたい制度ですが注意点があります。

キャシュレス決済(消費者還元制度)の3つの注意点

条件がある

対象の店舗対象のキャシュレス決済で支払いをした時のみ制度の対象となる。

還元率がお店によって違う

還元率 対象店舗 支払い方法 実質税率 軽減税率
5% 中小企業や個人が経営する小売、飲食、宿泊など キャッシュレス 5% 3%
2% コンビニ、外食、ガソリンスタンド
などのフランチャイズチェーン
8% 6%
なし 上記以外の店舗
大手スーパー、百貨店など
10% 8%
すべての店舗 現金

※中小企業の定義は資本金5000万以下

還元方法が違う

・購入時に減額
・ポイント還元
・返金(口座・残高など)

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、スマホ決済など色々なタイプのキャッシュレスがあるのでそれぞれによって還元方法が違います。

消費者還元制度の実施期間

2019年10月1日(火)〜 2020年6月30日(火)の9ヶ月間

こちらは軽減税率と違い実施期間がきまっているので注意しましょう。

軽減税率とキャッシュレス消費者還元制度まとめ

いろいろと制限がありわかりずらいですが、軽減税率もキャッシュレス消費者還元制度も結局のところは消費者の私たちにとって有利な制度です。

この制度をうまく利用すれば増税後でも消費税3%でお買い物することができちゃうんです。

こう聞くとこれからくる増税もちょっとは嫌な気持ちが押さえられますよね!

そこで、次はこの2つ制度をうまく活用して増税後に上手にお買い物する方法を紹介いします。

増税後の買い物をお得にする方法

先ほど軽減税率とキャッシュレス消費者還元制度について説明しましたが、どちらの方が重要かというと還元率が高く、購入品目の制限も少ないキャッシュレス消費者還元制度のが重要です。

軽減税率:2%でほぼ飲食料品のみ
キャッシュレス消費者還元制度:最大5%で小売なら品目問わず

そこで、まずキャッシュレス消費者還元制度をうまく使うための準備としてクレジットカードや〜Payなどのキャッシュレス決済ができるようになりましょう。

今回は1番お得にお買い物ができるように、今一番おすすめのキャッシュレス決済方法

・PayPay + ヤフーカード
・楽天ペイ + 楽天カード

の組み合わせをご紹介します。

PayPay + ヤフーカードで決済すると4%の還元、楽天ペイ + 楽天カードで決済するとキャンペーンで5%の還元を受けることができます。

軽減税率とキャッシュレス消費者還元制度を上手く使えば最大11~12%の還元となりますのでこの機会を逃さないようにしましょう!

キャッシュレス決済の準備をしよう

クレジットカードを準備する

キャッシュレス決済には必要不可欠ともいえるぐらいクレジットカードは重要です。

特にPayPayと唯一連携できるクレジットカードとなるヤフーカードと、楽天ペイと連携すると一番お得なクレジットカードとなる楽天カードのどちらかを準備しましょう。

現在、ヤフーカードを作ると最大10,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンをやっています。

また、楽天カードでもポイントサイトを併用すると最大18,000円相当のポイントがもらえるキャンペーンをやっています。

このような10,000円を超える高額キャンペーンはなかなかやっていないので今がチャンスかもしれません。

スマホ決済アプリを準備する

クレジットカードを作ったら次はスマホ決済アプリを準備します。

ヤフーカードを作った人は PayPay
楽天カードを作った人は 楽天Pay

をインストールしてアプリとクレジットカードを連携させます。

ここまで準備できたらあとはお買い物の時にスマホ決済アプリで支払いをするだけです。

スマホ決済アプリをしようして決済すればアプリでもポイントがつくので

クレジットカード → 1% → スマホ決済 → 1% → お買い物

というようにポイントの二重取りができます。

この二重取りを利用すうと、PayPayでは4%、楽天ペイでは5%となるので軽減税率とキャッシュレス消費者還元制度を合わせると最大11~12%の還元を実現することができます。

増税後〜制度が終わる前に買っておきたい物

軽減税率とキャッシュレス消費者還元制度を上手く使えば、最大11~12%の還元でお買い物ができますが、実際どんなものを買ったほうがいいのでしょうか?

個人的におすすめのものを考えてみました。

長期保存のきく食品

カップラーメン、冷凍食品、調味料、海苔、ふりかけ、お菓子など

賞味期限、消費期限がわりと長めに設定されたものをまとめ買いしておくといいともいます。

テレビ

オリンピック直前となるので買い替え時期としてもちょうどいいのではないでしょうか?

軽減税率は対象外ですが、キャッシュレス消費者還元制度は小売が含まれているので、家電が売っている小売を見つけられれば9~12%の還元でテレビの買い替えができます。

-節約
-, , ,

Copyright© お金を稼ぐ100の方法 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.